お金がピンチのときに、頼りになるのがクレジットカードの現金化です。

ブランド品や金券をクレジットカードで購入して、そのアイテムを業者に買い取ってもらうことで現金を入手できます。

キャッシングやカードローンで借り入れするより安全な方法として、昔からお金に困った人の間では頻繁に行われてきました。

現在でもクレジットカードの現金化は行われていますが、最近はamazonギフト券を駆使するのが一般的になりつつあります。

amazonギフト券ならブランド品とは違い、ネット上で全てのやりとりを完結できます。

購入したアイテムを郵送する必要はなく、メールでコードを伝えるだけでamazonギフト券を渡すことが可能です。

利用者としても手に入る価格が透明化されているので安心感があり、安く購入したいという需要もあります。

そのため現在では主流となり、多くのサイトが買取に対応しています。

しかしamazonギフト券の買い取りをしたいときに、気になるのは違法ではないのかという点です。

amazonギフト券を現金化しても違法ではない

クレジットカードの現金化は限りなく違法に近いとされ、同じような仕組みなら法律に抵触し罰せられるのではと心配になる人も多いでしょう。

結論から述べると、amazonギフト券を現金化しても違法ではありません。

利用者がamazonギフト券現金化をして捕まった事例は架空請求でせしめたamazonギフト券を換金した人が逮捕されたくらいなので普通に買取サイトなどで換金することで摘発された人は1人もいません。ではなぜ捕まらないのか?

amazonギフト券のカードタイプや印刷タイプは詐欺にも使われているから買取率が低いか取扱がない

違法でない根拠は、amazonギフト券は電子マネーに分類されるからです。

商品券やチケットいったものをやりとりするときには、業者は古物商許可証を所持している必要があります。

しかしクレジットカードの現金化を行う業者のほとんどは、古物商許可証を所持していません。

そのため違法になる可能性も高くなり、リスクが高まっていると思えます。

しかし電子マネーの売買は、現在の法律では古物商許可証が必要ありません。実態のない電子マネーは最近出てきた概念なので現行法で取り締まる法律が存在しないのです。

無許可でも法律には違反していないので、利用しても全く問題ないということになります。

法律違反ではないけどアマゾンやカード会社の利用規約に違反する恐れも

法律的には問題なくても、amazonの利用規約には違反する可能性があります。

amazonは転売を目的としたギフト券の購入を一切認めておらず、自分で利用するか他人にプレゼントする目的でしか販売していません。

万が一利用規約に違反していることがバレたら、利用停止になり手に入れたコードはただの文字列になってしまいます。

それだけならまだ悪影響は少ないですが、最悪の場合はamazonのアカウントを凍結される可能性もあります。

アカウントが凍結されてしまえば、通常のショッピングも利用することができません。

その他のビデオやミュージックといった見放題・聴き放題のサービスも利用できなくなり、悪影響は大きく広がっていきます。

そもそも購入時にクレジットカードを利用していると、カード会社の利用規約にも違反しています。

カード会社は現金化を目的とした利用は一切禁止しているので、バレるとクレジットカードも利用停止になるでしょう。

このように法律的には違法ではありませんが、利用規約には抵触するリスクがあることは理解しなければいけません。

amazonギフト券現金化を行うならクレジットカードで安全に購入する方法を知っておくと便利です。

amazonギフト券をクレジットカードで購入する方法と注意点

現金化と疑われるような購入方法をしていると簡単に注文保留となり時間が大幅にかかってしまうか注文自体がキャンセルさせられる恐れもあるので十分気を付けたいところです。