急な出費が発生した場合は、すぐにお金が必要でもキャッシングやカードローンは時間がかかって面倒、お金を借りるのに抵抗がある。そんな方がamazonギフト券の現金化を利用します。クレジットカードでamazonギフト券を購入して現金化できればお金を借りずに工面できるので借金は作りたくないと考える人に人気を集めています。

しかし、ネットでも噂になっているようにamazonギフト券の現金化はバレると危険だということがどうしても引っかかてしまいます。

以前からクレジットカードのショッピング枠を直接現金化するサービスは専門の業者に依頼する方法はありましたが換金率が低いのが難点でした。

なので最近はギフト券など換金率の高い商品をカードで購入し、自分で売却して現金を得る人も増えています。デパートのギフト券などはもちろん、最近は電子ギフト券が簡単で手間がかからないことを理由に注目も高まってきました。

中でもamazonギフト券の現金化が高換金率で非常に手軽で多くの方が毎月利用しています。

換金がバレるとどうなる?amazonギフト券現金化が危険な理由とは

amazonギフト券はクレジットカードで簡単に購入できスマホからいつでもどこでも行うことができます。そして現金化するにもネット上の買取サイトへ申込をすることで24時間いつでも容易に換金することができるのです。

ただその反面、amazonギフト券の現金化がバレると厄介なことになることも留意しなくてはなりません。

amazonギフト券は、通常の商品券のように売却することもできます。実店舗でも取り扱っているお店もありますし、ネットで売買できるサイトも増えてきました。
使わなくなったギフト券を有効に活用でき、しかもすぐに現金が入手できるということで人気が高まっていますが、リスクも伴う方法ですので、実際に利用する前はどんなリスクがあるのかも理解しておきましょう。

amazonギフト券現金化は危険な5つのワケ

amazonギフト券現金化が危険なわけは5つありあからさまな現金化行為は非常に厳しいペナルティーが待っています。

  1. アマゾンアカウントの停止
  2. 詐欺被害
  3. クレジットカード停止
  4. 代金一括返済
  5. 自己破産できない

まず、amazonギフト券の買取自体は違法ではありませんが、最初から換金目的でamazonギフト券を購入することは、amazonの規約違反になりますので、最悪の場合はアカウントが停止されてしまうこととなります。

そりゆえ、規約違反にならないためには売却する場合も、現金化のために購入するのではなく、使っていないギフト券を利用する必要があります。

そして最近はamazonギフト券に対応したサイトも増えていますが、業者選びを間違ってしまうと代金が振り込まれないなどのトラブルが起こることも考えられます。詐欺被害の報告もありますからお金が必要なのに逆に取られてしまう悲惨な状態になることも考えられるのです。

それから、クレジットカードの規約違反になってしまう可能性もありますので、こちらも注意が必要です。クレジットカードでギフト券を購入すること自体は違法ではありませんが、最初から現金化を目的にギフト券を購入している場合は規約違反となり、こちらも利用停止になってしまう可能性があります。

換金性の高い商品を購入する場合や同じ商品を連続して購入するとカード会社からも目を付けれらる可能性もないとは言えません。

そしてamazonギフト券をクレジットカードで、購入し換金して現金を得た場合も、やはり支払いは行う必要がありますので、期日にお金を用意できないとクレジットカードの遅延、延滞につながってしまい今後の利用が難しくなってしまうことにもつながります。

現金化が発覚した場合はペナルティもあり、クレジットカードやamazonの利用ができなくなってしまうだけではなく、信用情報に掲載された場合は、今後の借入が難しくなるということも理解しておきましょう。強制退会ともなれば利用代金を弁済しなくてはならず一括請求される場合もあるので非常に厳しい措置を取られてしまいます。

もし最悪お金がなくなったときに誰もが考えるのが自己破産ですが、amazonギフト券現金化を行った事実がバレている場合は自己破産ができません。免責不許可事由に該当してしまうため裁判所での借金免除などが適用されなくなるのです。

バレると危険だが多くの人が毎月利用しているamazonギフト券現金化の謎

これほどリスクが高いamazonギフト券現金化ですが年々利用者は増加傾向にあまります。

なぜ皆amazonギフト券現金化を行うのでしょうか?そしてバレることはないのでしょうか?

実は利用規約で各方面の規制があるにもかかわらず根本的な換金目的の判断が非常に難しいことから取り締まるにも取り締まることができないのです。

毎月限度額までamazonギフト券を購入して支払が遅れれば現金化の疑いも強まるでしょうが、ほとんどの方は換金目的なのか誰も判断できませんからグレーな状態が続いています。

買ってからやっぱり不要になったから売ったとなればそれまでですし万が一疑いをかけられたとしても換金目的の確固たる証拠は提示することは大変むずかしいこととなるでしょう。

また多くの方が支払もしっかりしていてカード会社からすれば特に目くじらを立てることでも無いようにも思えます。

こうした理由から実はリスクばかり噂されているamazonギフト券の現金化も極端な現金化をしない限りは心配がないのです。

クレジットカードでamazonギフト券の現金化は危険な理由と安全な購入方法