500円のamazonギフト券は一度のコードの入力で、500円がアカウントの残高に追加されます。

しかし一度で追加される金額が少額のため何度も入力する必要があり、数千円分以上の買い物をする際にはコードの入力が面倒になります。

またコードの管理なども複雑で難しくなるので、使いにくくコードの管理や入力などでも不便を感じやすいです。

amazonギフト券の買取サービスなどへ売ると、額面からサービスの手数料や業者の仲介料を引いた金額を、そのまま現金にすることが可能です。沢山のギフト券を持っていて現金化したい場合や、現金化して他のお店や店舗で買い物をしたい場合にも便利でメリットがあります。

金券ショップでamazonギフト券が売れたけど簡単に換金できる買取サイトのほうが高く売れる

500円分のamazonギフト券は買取できないことが多い

基本的なamazonギフト券の買取サービスでは、1000円以上からが一般的となっていて、500円分からには対応していない場合が多いです。

対応していない理由として挙げられるのは、手間などが掛かることや需要が小さいことなどです。

基本的な手続きなどはほかの額面の場合とほとんど同じですが、単価が低くなるためサービス側の利益などが少なくなるなどの理由から、少額での買取は実施していない場合がほとんどとなっています。

サービス側は少ない額面の買取でも利益を出すために、額面が少額であるほど沢山の手数料を提示します。

10000円分などの大きい金額の場合だと90パーセントなどの、高い換金率で業者やサービスに売ることができます。

しかし500円分などの小さい金額になると業者の仲介料が高くなるので、換金率も低下してあまり高く売ることができなくなってしまいます。

さらにそこに銀行口座などへ振り込む際の振込手数料などがかかってしまうので、本来よりもかなり安い価格で買い取られて損をしてしまうことになります。

利用するサービスによっても換金率や手数料は異なりますが、基本的に少額の場合には換金率が下がるので、500円分のamazonギフト券を売る場合には、あまり高く売れないというデメリットがあります。

500円分のamazonギフト券を換金するときのデメリット

振込手数料などを考えると買取金額が非常に低くなるので実質の換金率で50%を下回ることもあります。また500円のギフト券1枚だけ買取申込をすることは対応していない業者が多くそもそも換金できない場合が多い。

1万円以下のamazonギフト券の買取は買取率が低いワケ【少額換金は実は損】

500円分のamazonギフト券を買取依頼するときの注意点

注意点として挙げられるのは換金率の低さで、10000円分などのギフト券と比べると、換金率が大幅に下がってしまいます。

換金率が大幅に下がると実際に受け取れる金額は200円程度になってしまう場合もあり、利用するサービスや業者の選び方に注意が必要になります。

手数料や仲介料を多く設定しているサービスや業者に買取を依頼すると、換金率が下がってしまうので、極力手数料や仲介料が少ないサービスへ依頼する必要があります。

換金率などはサービスのホームページなどに掲載されているので、事前に複数のサービスを比較しておくと高い換金率のサービスが見つけられます。

また手数料や換金率の他にも振込手数料にも注意する必要があり、振込手数料が高いサービスだと換金率が高くても受け取れる金額は少なくなってしまいます。

振込手数料が無料なサービスや業者もあり、このような場合だと振込手数料が必要ないので、その分買取金額を満額でそのまま受け取れることになりお得です。

90%以上でも即日換金できるamazonギフト券買取サイトと初回特典の買取保証について