amazonギフト券を購入する時にタイプを選択することが可能ですが、現金化をして買取をしてもらう時にeメールタイプが便利だと思われます。

しかし実は利用しづらいので敬遠されることが多いです。

その大きな理由となっているのが時間がかかることになりまして、少しでも早く現金が欲しくて買い取って貰おうと考えているのに時間がかかるなら他のタイプを選択することになります。

現金化目的での購入が禁止されているためクレジットカードだと時間がかかる

amazonギフト券を購入しようとサイトに行くと思いますが、現金化目的での購入は禁止されていることが書かれていまして、カード会社も当然のように現金化のための使用は意図していません。

実際に昔はPINCOMを使ってのeメールタイプのギフト券を購入することができましたが、現金化目的の利用が問題視されて現在は無期限の販売中止となっているのです。

それぐらい厳しいものとなっていまして、仮にクレジットカードで購入しようとしても断られるケースがあります。

額が低ければ決済も下りて購入できるかもしれませんが、多額になると使えない可能性が高く、時間だけではなく安全性の観点からいっても利用しづらいと言えるでしょう。

もちろん利用し辛いというだけで承認までの時間が掛かったり、購入額を複数回に分けたり、少額にしたりして工夫をすれば使用することも可能なのですが、eメールタイプは敬遠されることがあります。

コンビニで購入できるカードタイプやシートタイプを選ぶ人もいる

そういった理由からamazonギフト券を購入する時はコンビニなどで購入できるカードタイプやシートタイプが選択されることもありまして、直接的に支払いをクレジットカードですることはできませんが、電子マネーにチャージすることで間接的な支払いができます。ただし買取サイトを慎重に選ばなければカードタイプやシートタイプがNGの業者も存在しますから注意が必要です。

どちらの方法でも手間がかかってしまいますが、基本的には利用し辛くてもeメールタイプを使っている方がほとんどです。
多くの方が気にせず利用されているかもしれませんが、このようにアマゾンでは現金化をするための購入は禁止していますので注意して利用しなければなりません。

クレジットカードでamazonギフト券の現金化は危険な理由と安全な購入方法

クレジットカードが不安ならプリペイドカードで購入するのもアリ

細かい点まで注意を払って、利用することによって安全性を高めることができますが、利用停止される可能性があることを理解しておかなければならないでしょう。
またクレジットカードを利用するのが不安だという場合はプリペイドカードを利用してamazonギフト券のeメールタイプを購入することができます。

amazonギフト券の買取でクレジットカードでeメールタイプを購入するとなると時間がかかったり、買えなかったりするのは高額決済になりがちだったり、頻繁に購入したりすることがあるからであり、現金化目的や不正請求や詐欺に遭っていると判断されてしまうからです。

クレジットカード決済しているから利用できないということではありませんが、プリペイドカードを利用するなど手間がかかりますが工夫をすることによって安心して利用することができます。
今後もアマゾンでは高額決済の規制が強くなる可能性がありますので十分に注意して利用すると良いでしょう。

amazonギフト券はプリペイドカードを使うと携帯決済でも購入可能になる

amazonギフト券も購入可能なバンドルカードが超便利な理由