amazonギフト券の買取目的では利用しにくくなったpincomは最終的には、現在、amazonギフト券の販売を中止してしまいました。当初より換金目的の利用を注意喚起するアナウンスがなされていたため非常に多くの方が現金化をしていたと思われます。

PINCOMでは携帯決済でamazonギフト券が購入できたということでキャリア決済現金化をすることができたので大変重宝されていました。しかしPINCOMのamazonギフト券販売中止に続きアマゾンサイトでも携帯決済でamazonギフト券を購入することができなくなったのでキャリア決済を利用されていた人は不便この上ない状況です。
amazonギフト券が買えなくなったPINCOM

なぜPINCOMでamazonギフト券が換金目的で利用できなくなったのか

PINCOMでは現金化目的の利用は禁止とされていましたがamazonギフト券を換金することはだめなのでしょうか?商品券などの金券はチケットショップで売却できるのでamazonギフト券も同じく問題いなく換金できるようにも思えます。

デパートの商品券やビール券などが不要な場合は、チケットショップで換金するのが一般的で、使い道がないギフト券を持っておくよりも、額面が減ってでも現金に交換した方が有効活用できてお得です。

じつはamazonギフト券は金券類に当たりますがデジタルギフトコードという特性上異なる部分があるのです。

amazonギフト券も換金できるが通常の金券とことなる部分がある

ネットショップで使えるamazonギフト券も、不要な場合は換金すると現金に換えられます。

そのため使わない場合は金券ショップに持ち込み、商品券やビール券のように換金したい人も多いでしょう。

しかしamazonギフト券は、一般的なデパートの商品券やビール券とは異なるところがあります。

amazonギフト券は利用規約で換金・転売が禁止されている

一般的なギフト券と異なるところとは、利用規約で換金・転売が禁止されている点です。

アマゾン公式サイトでamazonギフト券の利用規約である細則には以下のように記載されています。

法律で要求されている範囲を除き、ギフト券に金額を補充すること、およびギフト券を再販売その他対価をもって譲渡すること換金することまたは他のアカウントで使用することはできません。これらの制限に反して取得されたギフト券につきましては、アマゾンまたはその関連会社は、利用をお断りする場合がございます。アマゾンサイトのアカウントに登録されたギフト券の未使用残高は譲渡できません。
【アマゾンヘルプ:利用規約より】

換金すること対価をもって譲渡することはできないということなので売却は利用規約的にはNGということになります。

もし利用規約に違反するとアカウントが削除され、ショッピングもできなくなります。

しかし利用規約で禁止をされていても、買取目的でamazonギフト券を購入する人は後を絶ちません。

amazonギフト券現金化は違法でない!利用者は逮捕者がゼロだった

そこで次の手段として、amazonギフト券を購入するときに使われていたpincomにも制限が設けられるようになりました。

様々な制限が設けられたために、以前に比べるとpincomを使って購入するのは難しくなっています。

しかし制限があるからと言って、全くできないわけではありません。

PINCOMで利用できるメールアドレス

例えばpincomでは捨てアドでの登録を防止するために、使用できるメールアドレスを制限しています。

具体的には携帯電話のキャリアメールか特定のフリーメールしか使えず、使用できるドメインは5つまでになっています。

ですがメールアドレスの制限は、簡単にすり抜けることが可能です。

なぜなら利用できるフリーメールは、一人がいくつもアドレスを作ることができるからです。

そのため自分が使っている携帯電話のキャリアメールと合わせれば、5つ以上のアドレスを使いpincomに登録することができます。

登録時に使用するメールアドレスによる制限は、実際には機能していないことになります。

制限で厄介なのは、メールアドレス与信と呼ばれるシステムです。

PINCOMのメールアドレス与信とは

メールアドレス与信とは利用金額をこれまでの実績に基づき決めるシステムで、登録したばかりの人は1ヶ月に1万円までしか使うことができません。

使い続けて4ヶ月で3万円、上限の10万円に達するには15ヶ月も必要になりました。

amazonギフト券の買取は、1万円以下だとほとんどうま味がありません。

1万円以下だと業者の買取率も極端に下がり、現金化目的で利用するのは厳しいでしょう。

かといって10万円分をpincomで購入しようとすると、1年以上の期間が必要になります。

すでにpincomのヘビーユーザーで実績が十分ある方なら、上限の10万円まで1ヶ月で使えるので問題ありません。

しかしこれから登録する人にとっては、非常に厄介な制限と言えるでしょう。

今後も買取目的で利用する人が増え続ければ、抜け道はあっても制限はキツくなると考えられます。

買取目的でamazonギフト券を購入したいなら、PINCOMは販売を一時中止となっていますし別の方法を使って行うのがおすすめです。

携帯決済でamazonギフト券を購入する代替方法はプリペイドカード

amazonギフト券を携帯決済で購入するときはプリペイドカード
携帯決済でamazonギフト券を購入するならプリペイドカードを利用した購入方法が有効です。

amazonギフト券はプリペイドカードを使うと携帯決済でも購入可能になる

携帯決済やクレジットカードがなくてもamazonギフト券が買えるバンドルカードの注目を集めて人気となっています。

amazonギフト券も購入可能なバンドルカードが超便利な理由