amazonギフト券にはEメールタイプとカードタイプ、印刷タイプと様々なタイプがありますがそれぞれのメリット、デメリットについてきちんと把握している方は多くはありません。今回は主に買い取りして貰う場合について考察します。

カードタイプや印刷タイプは買取率が低いことを知っていましたか?ある理由でこの2種類は場合によっては買取率が低いだけではなく買取NGであることもあるのです。

amazonギフト券は買取サイトで簡単に換金できることから詐欺などで利用される事件が近年急増しています。もし詐欺で使われたamazonギフト券を取り扱ってしまった場合買取サイトは警察からの捜査対象となり運営どころではありません。そういったリスクを踏まえカードタイプや印刷タイプの取扱に慎重になっている買取サイトが増えてきているのです。

ちなみにEメールタイプは最も安全に換金できるamazonギフト券であることから常に高価買取をされています。

Eメールタイプは安全に買取申込ができる

Eメールタイプは贈答用として最も人気があるタイプになります。金額を15円から50万円の範囲で自由に設定でき、受け取る側もメールでギフトとして受け取り自分のアカウントにチャージするだけですぐにamazonで買い物ができます。そしてこのEメールタイプギフト券の一番のメリットが発揮されるのが何と言ってもアカウント登録する前に使わなくなったときの買い取りのときです。
せっかくamazonギフトを貰ってもamazonで買い物をしない人はギフト券をアカウント未登録の状態であれば有効期限内に買い取りしてもらうことが可能です。この換金のときに最も換金率の高いタイプが実はEメールタイプなのです。買い取り業者のサイトを確認したところ一番高いところでは92%の買い取り価格で取引されています。買い取り方法に関しても買い取り業者にギフトメールを転送するだけで済むため一番楽なのは間違いありません。

カードタイプや印刷タイプは取り扱いがない!?

カードタイプや印刷タイプについても確認してみたところ、そもそも買い取りを行っていないところが多いようです。理由を調べてみるとカードタイプ、印刷タイプともに詐欺に使われるケースが多いとのことです。

メールタイプでは送られたメールからそのギフトカードのアカウント登録を行うシステムの為、メールを受信しなければギフトを利用することが出来ません。送り主からのメールとして証拠が残ってしまう、これがある意味信頼性と言える部分でもあります。

これに対してカードタイプではどのような経緯で入手したカードでもカードさえ手に入れば利用できてしまいます。最近の振り込め詐欺では証拠の残る銀行口座を利用したものよりも証拠の残りにくいギフトカードを相手に購入させ、それを送らせてから現金化するという手口が増えています。

さらに言えばamazonカードの場合はカード本体は必要なく相手が購入したコード番号さえ入手すれば良いので手間が省けるという利点があります。またamazonカードは人気があり換金性と換金率が高い為にこのような詐欺に利用されるケースが後を絶たないようです。

架空請求の支払い方法がamazonギフト券

アダルトサイトや出会い系サイトの架空請求の被害は後を絶ちません。架空の請求を受ける方は高額な金額を銀行振込で支払うことになりますが近年ではこの手口が変化してきていると言います。

銀行振込の場合、口座がわかっているので最終的には摘発される原因が口座情報からになります。ですがamazonギフト券カードタイプや印刷タイプで金額を指定してメールでギフトコードを送らせることで全く足のつかない入金方法が確立できるのです。受け取ったamazonギフト券は買取サイトなどで換金するためしわ寄せが換金したサイトに来るためカードタイプや印刷タイプの買取を受け付けないサイトもあるのです。

架空請求などの犯罪に利用されることもあるカードタイプや印刷タイプは買取サイトにとっては非常にリスクの高い商品と言えるのです。

カードタイプや印刷タイプは詐欺にも使われているから買取率が低いか取扱がない

買い取り業者の立場からしても店舗に持ち込まれたり買い取りとして送られてきたカードやギフトコードがどのようにして手元にたどりついたのかを知る術はありません。もしそれが詐欺として利用されたカードであったなら買い取り業者も罪に問われる可能性があるため、出来る事ならば出所に安心感のあるメールタイプのみの買い取りを行うところが多いのです。

ただし今でもタイプに関係なく買取をしている買取サイトもあります。

買取率がEメールタイプに比べて低くなってしまいますが換金することは可能ですし、金券ショップでは購入時のレシートを持ち込むことで出どころが明確なもののみ買取しているような店舗も存在します。