“インターネットでamazonギフト券の売買を行っている業者ではオンラインバンキングが可能な銀行と提携し、商品を販売した料金の徴収に利用されるのはもちろんのこと、買取を行った際にはその口座からユーザーに対して査定額の振り込みが行われます。
そんな中で多くの業者がセブン銀行と提携しているケースが多いですが、その理由は商品の購入代金を受け取るネット決済サービスやダイレクトバンキングで素早く手続きが完了するスピード感に定評があり、同時にそれはユーザーへの対応も迅速に行われることが期待できます。
インターネットで買取をしている業者にamazonギフト券を売却する流れを見てみると、まずはそれぞれのショップが設定している買取価格の相場レートを見て納得できれば申し込みを行います。

セブン銀行なら最短振込み

最短振込みセブン銀行24時間無料
最も最短で行えるのがamazonギフト券のシートやカードに記載されているコードをメールや申し込みフォームなどから送信するとショップのスタッフがamazonのホームページにあるamazonギフト券をチャージする画面でそのコードを入力して「金額を確認」のボタンを押せばそのコードの有効性や金額を確認できます。
ユーザーが申請した金額と確認した内容が一致すれば売買契約の締結が確定し、指定した口座に振り込みが行われます。
ここで大きなポイントとなるのが指定する金融機関で、もしも業者と提携していない銀行の口座を指定した場合は振り込みが完了するまでに数日間を要する場合や土日祝日であれば翌営業日まで待たなければならないだけではなく、振り込み手数料が発生すればせっかくの買取金額から差し引かれてしまい大きな損失を招くことにもなり兼ねません。
その一方で業者とユーザーが共にセブン銀行の口座を利用した場合は、メンテナンスの実施など特別な事情を除き原則24時間365日無料で利用できるのに加えて業者が振り込み手続きを行えばリアルタイムに反映されるので待ち時間もほとんどありません。

急な出費に!

困る急な出費セブン銀行
もうひとつ重要なポイントとなるのが、急に現金が必要になるなどの理由からamazonギフト券を処分したいケースです。
業者が迅速な対応をしてくれたとしても指定した口座の銀行が24時間対応していなかったために翌朝のオープン時間まで待つようであれば本末転倒ですが、セブン銀行であれば全国のセブンイレブンに24時間対応のATMを設置しているので最寄の店舗に足を運べばすぐに振り込まれた現金を引き出すことも可能です。
さらに付け加えたいのが業者が銀行口座を持つ意味にあります。
口座をショップの名称である法人名義で作る際には一定の審査があり、健全な経営が行われていることや昨今大きな注目を集めているコーポレートガバナンスやコンプライアンス意識を求められます。
従って法人名義の銀行口座を持っている業者は、それらを満たしていると銀行が判断したという証拠となり安心して利用することができます。
以上のようなさまざまなメリットのあるセブン銀行と提携している業者が多いことから、amazonギフト券の買取を今後も幾度と無く行うケースが予想されているならセブン銀行の口座を作っておくのがおすすめです。”