amazonギフト券は換金することができます。もちろんアマゾン側が現金にしてくれるわけではなく、これを買取している業者に売ることで換金できます。

業者はネット型のお店が主流で、実店舗でamazonギフト券を買取している業者はあまりありませんので、必然的にそちらを利用することになるでしょう。
換金率はお店によって異なりますので、なるべく高く売りたいならこの数字を比べる必要があります。どの業者もホームページにその情報を掲載しているため、そこをチェックすれば簡単に調べることができますので活用してください。

失敗しないネット店の選び方

amazonギフト券買取業者選び方
ネットのお店なので実店舗がなく、実際のイメージが掴みづらいです。
そのため、利用先を検討するにあたっては業者ごとの情報は口コミなどで判断するのがおすすめです。

ネットの口コミ情報は豊富であるため、実際に利用した人の感想を知ることができます。悪ければ素直に悪いと書くので、良くない業者は排除することができるでしょう。換金率の表示通りかどうかもチェックできます。

中にはホームページに記載している換金率より低くなってしまうところもあるようです。そのようなところは悪い評判になりますから、あらかじめ利用は避けた方が無難でしょう。

amazonギフト券は一度登録されてしまうと使えなくなってしまいます。
つまり詐欺的な業者にわたってしまうと、渡したのにお金が支払われないといったことになってしまいます。

そうならないようにするためにも評判は見ておいた方が良いです。基本的に名の知れている所であれば、信頼することができます。

悪いところは悪い評判が立って利用者が集まらず、営業することができなくなってしまいます。
つまり、長く営業していることは信頼できることを示しています。初めて利用する場合はその点を入念にチェックして選ぶに越したことはありません。

一度調べておけば、また利用したくなった時に調べなくても利用できますので、調べておくことはおすすめです。

業者の中には24時間対応のところもあります。
これは、ネットバンクを使っているので24時間対応ができているわけです

。ネットバンク同士だと振り込みは夜間でも反映されますから、即座に振込みをしてもらえます。通常なら土日祝日などは振り込みがなされず時間がかかってしまいますが、ネットバンクなら土日祝日、夜間でも振り込みが即反映されるので、それを活用している24時間営業の業者は強いです。

振込み手数料には注意

業者手数料買取率
振込手数料は注意しておきましょう。

基本的に実費分の負担になるはずですが、中にはそれを高く設定して実質的な換金率を下げてくるところもあり得ます。
そういった業者はあまり親切ではありません。

買取率を下げて利益率を上げているのと同じだからです。

そのような余計なマイナスがないかどうかもよく見ておきましょう。これもホームページに書いているはずですし、書いていなかったとしても口コミを確認してみればわかります。