amazonギフト券の買取のやり方ですが、昔からあるように、紙のギフト券を街中の金券ショップに持ち込んで買い取りを依頼するような方法とは少し異なります。ただ、買い取りをしてくれるお店に持ち込み、所定の割合で買い取ってもらい、お金を受け取るという点に関しては基本的に変わるところはありません。

何が大きく違うのかというと、amazonギフト券は紙ではなく電子ギフトだということです。コード番号が重要になりますので、そのデータさえあれば紙をやり取りする必要がありません。実際の買い取り店舗に出かけて行くには時間もかかりますし、場所にもよりますが交通費もかかるでしょう。

電子の形であればインターネット上でやり取りができますから手間も費用も段違いです。

重要なのは、買取店の下調べ

amazonギフト券買取店調べるネット店舗
具体的なやり方としては、まず、インターネット上で買い取りをしてくれるお店を探すことから始めなければなりません。

実際にインターネット上で買い取りをしてくれるかどうかは別にして、インターネット上に店舗情報を出したり、買い取り価格を記載したりしているお店は数多くあります。
中には郵送での買い取りを受け付けている店舗も見つかるでしょう。

このような店舗の中から、インターネット上での買い取りを行っているところを探すことになります。もちろんその旨は示されているでしょうから、比較的簡単に見つかるはずです。

買い取り店舗が見つかれば、そこにamazonギフト券情報を送ることになります。電子メールなどの方法で送ることができます。
ただ、実際に送る前に、その店舗が本当に信頼できそうなところか、ある程度はチェックしておいたほうが良いでしょう。

これは店舗情報を見てもなかなか判断がつかないかもしれませんが、一般の口コミを確認するなどの方法があります。実店舗を有するところであればより信頼感も高まるでしょう。

送金の確認

amazonギフト券買取入金確認
ギフト券情報を送れば、あとは買い取りを待つだけになりますが、買い取ってもらったお金をどのようにして受け取るのかを決めておかなければなりません。

考えられる方法としては基本的に2つあります。一つは現金書留により自宅まで郵送してもらうことです。郵便料金はかかりますし、到着までにも多少の日時はかかるでしょうが、ダイレクトに現金を手にすることが可能です。

もう一つの方法は銀行振込です。これには、振り込んでもらうための口座を用意しておかなければなりません。
振り込み手数料に関してはこちらの負担になりますから、現金書留とどちらが得かは一概に言えないところがあります。

郵送とは異なり、振込みが完了すれば即座にお金を引き出すことができるというメリットがありますが、一方で近くのATMまで行かないといけないというデメリットはあります。

以上がamazonギフト券買取のおおよその流れになります。街中の金券ショップなどに出かけて行く手間や、店員と顔を合わせる煩わしさなどがない分、こちらのほうがはるかに手軽かもしれません。