amazonギフト券は横浜で買取をしてもらえる店舗が1軒あります。買取価額も最大原価の9割で売買ができ、期限が近いamazonギフト券にも対応してもらえると評価も高いです。神奈川県の古物商の認可も取得しているので、安心して利用可能です。

ただ、駅から徒歩圏内にあり、中心地にほど近い場所にありますが、同じ市内でも住んでいる地域によっては行きにくい場合があるので、インターネットのサイトを利用することを勧めます。

その横浜市にある店舗もショップサイトを併設していて、全国の方でも利用しやすいようになっています。ネットショップであれば、24時間対応夜間や休みの日でも手続きがしやすいのでおすすめです。

スマートフォンでの申し込みに対応している所であれば、勤務先や学校で休み時間を利用して手軽に手続きできます。ただ、ネットでの手続きが心配な方は、信頼できるショップと評判ですので出向いてみるといいでしょう。土日祝日でも対応できる場合があります。

インターネットのメリットとデメリット

インターネット24時間ギフト買取
インターネットでの買取は、メール印刷タイプ実態のあるカードタイプにも対応可能です。申し込む際には、電話やサイトの専用フォームから手続きをし、実際のギフト券を郵送せずに、ギフトコードをメールや電話で通知するだけで取引ができるため、インターネットでの売買に慣れていない方でも取引が楽にできます。

楽天銀行やジャパンネット銀行など、ネット銀行の口座を保有していると状況が望ましいです。amazonギフト券を買取してもらいたいと考える方は、期限が近いので急いでいるという方も多いですし、早急に現金が必要という方もいると思われます。

24時間対応しているショップサイトであれば、土日であっても原則として振込から入金まで即時で対応可能な場合があります。その他の銀行口座の場合、平日の15時までに全ての手続きが済まないと、当日中の入金は難しいでしょう。

店舗のメリットとデメリット

店舗メリットデメリット15時
通常の店舗型の銀行口座を登録した場合、金曜日の15時以降に手続きを終えた方はせっかく振込手続きがされたとしても、入金が早くて月曜日の朝に持ち越しになります。その場で現金を必要としている方には非常に厳しいです。
また、買取価額が高い所では、振込手数料がかかる場合があります。

大口利用の方であれば、振込手数料が無料になる特典が用意されていることもあるでしょう。
少額の取引の場合は、ネット銀行では振込手数料が安価に抑えられるため、とてもお得です。

絶対にしてはいけないことは既に他社に転売済みのamazonギフト券を取引しようとしたり、アカウントに登録した物を売ろうとしたりすることです。法的に認められていない行為ですので警察に訴えられたり、罰金などのペナルティが科されたりすることもあります。申し込みをする際には、うっかり他社に申し込んだ物を手続きしないように気をつけてください。申し込みをしてもギフトコードを送信する前なら、キャンセルは可能というサイトもありますので、送信前には十分に確認するように注意しましょう。