amazonギフト券の買取り業者では詐欺が多いことが問題となっています。

特に高換金率を謳うサイトを運営しているのは悪徳業者の可能性が高いとされています。

優良な会社ならリピート客を獲得できるので、年々営業が安定してくる傾向にあります。優良な会社は無理に換金率を上げなくても十分に利益を出せるのです。相場としては80%~90%くらい。悪徳な会社はリピート客を獲得できません。なぜなら、一度でも騙した相手は二度とそのサイトを利用しないからです。さらには悪い口コミ・評価をインターネット上に書き込みされて信用がどんどん落ちていきます。

詐欺業者はすぐにサイト閉鎖する

基本的に悪徳な会社は長く営業を続けられません。たいていは創業年数1年くらいで会社をたたんで、次のサイトを新しく立ち上げます。そうやって新しいサイトを次々と立ち上げながら人々を騙していきます。

そのような信用できない会社が顧客を獲得するためには、高還元率を謳うしかありません。

「98%で還元します」といったように大げさな宣伝をして申し込みを誘います。

当然ですが98%という高還元率では十分な利益は出せません。サイトの作成費・運営費・人件費などがかかるので、利益分がたった2%ではそれらを回収できないでしょう。

極限までコストを削減したら絶対に不可能というわけではないと思われますが、悪徳な会社はコスト削減などはせず人を騙して利益を出します。

還元率の相場はだいたい80%~90%ですので、それ以上の値を出している会社は疑いましょう。94%くらいまでならギリギリ優良な会社の可能性があります。通常は90%だが、キャンペーンで特別に94%になっているというものなら問題ないかもしれません。

手数料を疑え!悪質業者の手口

悪徳な業者でよくある手口が、高還元率で誘っておきながら不明瞭な手数料などを差し引き、最終的にはかなり減額されてお金が振り込まれるというものです。例えば「10万円分のギフト券を送って98%の9万8千円が振り込まれる予定だったが、不明瞭な手数料が引かれて6万円しか振り込まれない」というような被害報告があります。

実は私もこのような詐欺にひっかかったことがあり、電話で問い合わせましたが「消費税として」などとよくわからない言い訳をされてしまいました。電話のオペレーターはまともな話し方をしている人でしたので、逆に怖いと感じました。

また中には「ギフト券のはじめの1枚のみ有効でその他のギフト券は25%の買取」や「5万円以下のギフト券は30%の買取率」などという内容を利用規約に小さく記載してある手口です。

この利用規約は同意した上で買取サービスを利用することになるので低い買取率でもキャンセルができないことが多いのです。利用者は泣き寝入るを強いられるわけです。

最悪のパターンとしては連絡がつかなくなって完全に逃げられてしまうようです。「10万円分のギフト券を送ったのに1円も振り込まれずに連絡がとれなくなる」という被害報告もあります。このようなケースはそれほど多くはありません。なぜなら、業者も警察にかけこまれることはできるだけ避けたいと考えるからです。なんとかごまかせるレベルの手数料だけをとって、あとはきちんと振込みをする傾向です。しかし、運悪く店をたたむというタイミングで申し込みをしたら完全に逃げられてしまう可能性も高いかもしれません。そもそも悪徳業者にはひっかからないのが一番です。

amazonギフト券のカードタイプや印刷タイプは詐欺にも使われているから買取率が低いか取扱がない