amazonギフト券はカード式のものと、コード番号をサイトに入力してチャージして使用するタイプのものがあります。

コード番号のタイプであればメールなどで簡単に送受信することができるので、ネット上で受け渡しをするのに便利です。

しかしチャージが無効になってしまうなどトラブルがあることも知っておきましょう。

amazonギフト券がチャージ残高に反映されない

amazonギフト券はコード番号をAmazonのサイトに入力すると有効化される仕組みになっていますが、サイトに登録をしても「保留」扱いになってチャージ残高に反映されない場合があります。

この理由はAmazonがギフト券の使用をロックしているからです。

詐欺などで利用されたamazonギフト券は使えない

コード式のamazonギフト券がロックされる原因として、例えば詐欺などの犯罪で不正に入手されたものである場合が考えられます。

特殊詐欺で使用されたことが発覚すると、チャージすることができないように無効化されてしまいます。不正に入手された場合以外でも、ロックされてしまうケースがあります。

amazonギフト券の買取は詐欺業者が存在する?高換金率に騙されるな

クレジットカードで購入したamazonギフト券もロックすることがある

オンラインショップなどでクレジットカードを利用して購入したamazonギフト券でも、保留扱いになって使用できなくなる場合があります。

クレジットカードで購入したamazonギフト券が保留扱いになってしまうケースとして考えられる理由のひとつは、クレジットの利用代金が支払われていない状態であることです。

クレジットカードのショッピングを利用する場合には、代金が支払われるまでの間は商品はカード会社が所有している状態です。

もしもクレジットカードの代金の支払いの滞納などがあれば、カード会社の判断でAmazonに連絡が行ってコード番号がロックされて使用することができないようになる場合があります。

このような場合は、カード会社に代金を支払うことで保留状態が解除されます。

現金化目的のクレジットカードの利用がamazonギフト券のロックの原因の場合も

利用代金の支払いをしているのにコード番号がロックされる場合があります。

この理由として考えられるのは、換金性が高い高額の商品券を何度も購入し続けることでクレジットカード会社にショッピング枠の現金化を疑われることです。

規約によってショッピング枠の現金化は禁止されているので、カード会社の判断で購入された商品の換金・流通が停止させられる可能性があります。

ショッピング限度額を超えている・額面金額が大きい・新規に発行されたばかりのカードである、などの条件でもコードが保留扱いになる恐れがあります。

このような条件を満たす場合、にはショッピング枠の現金化が強く疑われるからです。

いずれの場合もコード番号がロックされて保留扱いになってしまうと買取サイトで現金化してもらう事ができなくなってしまいますし、トラブルの原因にもなります。

そのためオンラインショップなどを利用してクレジットカードで購入したamazonギフト券は、買取サイトで現金化をしないように注意を払う必要があります。

プリペイドカードなどにチャージしてから購入をすることで、コードがロックされてしまうのを防ぐことができます。

クレジットカードでamazonギフト券の現金化は危険な理由と安全な購入方法