クレジットカード現金化とは、契約しているカードのショッピング限度枠を現金に変えるという方法です。例えば、amazonギフト券・商品券などをクレジットカードで購入したとします。

それを直ぐに高値で買い取ってもらえる業者に転売すれば、現金が手元に出来上がるというわけです。

換金目的のクレジットカード利用は危険?amazonギフト券を現金化はNG?

現金化はクレジットカードが止まる危険
これを、最初から現金化目的で商品券などを購入することが厳密に言えば規約違反となります。

ただし法律に接触ことはないので違法性は低いです。

今の所、それで利用者が捕まったような事例は1度もありませんが、考えられる最悪のケースというのは、利用されているクレジットカードの利用が一時的に止まってしまったり、強制解約に繋がってしまうというものです。

毎月多くの方が今もなおamazonギフト券の現金化を行っている理由は利用規約違反にあたるが明確な線引きができていないことが挙げられます。

クレジットカードで購入する時点での意図など証明しようがないのですから。

クレジットカードでアマゾンを買う安全な購入方法とは

とはいってもなるべくリスクなく購入しいたいところです。

ではどのような購入方法であれば安全と言えるでしょうか。まずは健全な利用(健全に見える利用)を心がけるということです。

通常生活の中で考えうる利用の仕方であれば、カードが止まるような事態は考えにくいです。

毎月10万円程度のカード利用があり、その中に1万円程度のamazonギフト券を購入したところで、即座に不正行為疑いとはなりません。

基本的には、現金化をする人は「お金に困っている人」です。1回で5~10万円もの高額取引を行ったり、毎月のクレジットカード明細の大半がamazonギフト券の購入だったりと、非常に目立つ買い方をしてしまいます。

おそらく「背に腹は代えられない」といった心境なのでしょうが、このような利用だと危険です。

高額利用の場合は毎月の購入を避け、万が一、カード会社から確認の電話があった場合を想定し、直ぐに回答できる理由を用意しておきましょう。

携帯決済でamazonギフト券を購入できない

少し前であれば、携帯キャリア決済でamazonギフト券購入が可能でした。

オフィシャルサイトで、直接購入することができた時期もありました。

それが不可能でも、第三者サービスサイトを利用すれば、携帯決済で手に入れることができました。

しかし現在では、そのどちらも使用できません。docomo・au・SoftBankのいずれも直接ギフト券を購入することはできず、第三者サービスも利用することができなくなっています。

現在唯一利用できるのが各キャリアが発行するプリペイドカードを経由する方法となります。

また別の方法で携帯決済がなくてもバンドルカードであれば2万円までは後払いによってカード利用できるサービスがありますので、この方法を使えばお金が無くても直ぐに約2万円のインターネットプリペイドカードを保有できます。

そして、この方法だとamazonギフト券を問題なく購入することができるので、もし不正利用で咎められても、使用できなくなるのはこのバンドルカードであり、ご自身のクレジットカードではありません。ただ、これは最近登場したサービスであり、今のところはamazonのオフィシャルで直接購入ができるようになっていますが、突然利用できなくなる可能性は十分にあります。数ヶ月前まではバンドルカードへのチャージをdocomo決済で行うことができていたのですが、それも使えなくなった前例があります。