amazonギフト券はクレジットカードで手軽に購入できるほか、手続き完了後すぐに残高に反映されるチャージタイプは非常に便利ですから多くの人が利用しています。

その反面最近は手続きに時間が掛かったり、利用承認が降りず入手できない事態に陥るケースが稀に見られるようになりました。

承認が降りないことには話になりませんから注意する必要はありますが、正しい知識で手続きすれば特に問題はありません。

amazonギフト券はクレジットカードで買えるが気をつけることがある

クレジットカードで購入できるamazonギフト券には、Eメールタイプやチャージタイプがあります。

クレジットカードで買えるamazonギフト券

  • Eメールタイプ
  • 印刷タイプ
  • チャージタイプ
  • 配送タイプ

Eメールタイプは、1000円や2000円といった額面のものを選ぶか、もしくは15円以上で自由に金額を設定できるバリアブルタイプが存在します。知人や友人などへのお祝いに限らず、自分に送っても問題ありません。メールを受け取った人は、メール内に記載されているギフト券番号を自分のアカウントに登録すると、すぐに買い物に利用できます。多くの方が金額を指定して購入しているのでEメールタイプを購入するときは上限50万円までは購入できるとだけ覚えておきましょう。

配送タイプもEメール対応と同様金額を指定して15円以上から購入ができます。デザインが豊富なので直接渡して喜ばれるようなものを選ぶことができます。印刷は自分で行い手順に従って織り込んでいくときれいなギフト用のパッケージが作れます。

チャージタイプは自分のアカウントに直接チャージするもので、5000円や20000円のほか、1円単位で自由に設定することも可能です。Eメールタイプと違い番号を登録する必要が無く、手続き完了後数分程度で利用できるのも大きなメリットです。クレジットカードでもチャージタイプは購入できますがamazonポイントをゲットしたいなら現金でチャージする必要があることが多いので注意が必要です。

いずれも一定金額以上購入すると数%額面に上乗せされるほか、プライムデー等のキャンペーン中は上乗せされる割合が増えますから、クレジットカード決済やコンビニ払い等に比べお得です。

amazonギフト券を購入してクレジットカードが一時停止になってしまう?

ただし注意すべき点も存在し、利用方法によってはクレジットカードが使用できなくなってしまうこともあります。

原因はamazonギフト券が犯罪に利用されたり、買い物せずに現金化を目的に入手する人が存在することが背景にあります。

例えば振り込め詐欺の場合、犯人は口座への現金振り込みを要求するのが一般的ですが、手口の巧妙化により現金の代わりに高額のギフト券を要求する事件が増えています。架空請求の請求方法がamazonギフト券のような換金性の高いデジタルギフト券で支払を要求する事件が多発しているのも事実なのです。

amazonギフト券のカードタイプや印刷タイプは詐欺にも使われているから買取率が低いか取扱がない

また現金化は、クレジットカードの買い物枠でamazonギフト券を購入し、買い取り業者に額面よりやや安い金額で売ることで現金にかえる方法です。本来は商品やサービスを買うのが目的ですから、現金化は明確に契約違反となり、最悪の場合はamazonギフト券を入手できなくなるばかりか、クレジットカードそのものの利用が停止されてしまいます。

このためamazonギフト券を買う際の注意点として、1回の購入金額をあまり高額に設定しないことが重要です。現状では10万円程度が目安となっていますが、出来る限り少額にした方が承認されやすくなります。数千円程度の金額であれば、手続き完了後すぐにチャージされますし、数万円程度でも利用承認が降りないということはほとんどありません。

低額にも関わらず利用承認が降りない場合は、他の原因が考えられるためAmazonもしくはカード会社に問い合わせます。単に不正利用が疑われたことが原因であれば、連絡することで多くは購入可能となります。

クレジットカードでamazonギフト券の現金化は危険な理由と安全な購入方法

クレジットカードで安全にamazonギフト券を購入する方法

アマゾンやカード会社も犯罪防止に尽力している結果、amazonギフト券の高額決済や頻繁なクレジットカードでの購入に目を光らせています。

安全にクレジットカードで購入するにはまず注意点に気をつけて見ることが第一歩となります。

クレジットカードでamazonギフト券を購入するときの注意点をまとめると

  • 一度に高額決済しない
  • 頻繁にクレジットカードで購入しない
  • カード情報と請求書送付先情報を一致させる

となります。

大事なのは犯罪に利用されていないか、現金化目的で利用されていないかを注意することです。

「一度に高額決済しない」は振り込め詐欺や現金化目的で利用する際にカード利用額目一杯に決済するときに引っかかってしまう恐れがあります。また犯罪で利用された場合第三者が高額決済する恐れもあることから一時保留状態となり本人確認をアマゾンから求められる場合もあります。

「頻繁にクレジットカードで購入しない」も現金化で常識を逸脱する頻度でamazonギフト券をクレジットカード決済した場合に保留や購入キャンセルなどなる恐れがあります。

「カード情報と請求書送付先情報を一致させる」はクレジットカードの不正利用、つまり第三者が勝手に利用していないかの確認で登録情報との相違がある場合に購入できない場合があります。こちらも本人確認など要求されて時間がかかってしまい保留状態が解除されるまで数日かかってしまうこともあるようです。

以上のことに留意してクレジットカードで決済することができれば問題なくamazonギフト券を購入することができることでしょう。

クレジットカードでamazonギフト券を安全に購入する方法まとめ

  • なるべく金額を1万円程度にして枚数を増やして購入する
  • 別のクレジットカードで数枚に分けて購入する
  • アカウント情報とクレジットカード情報を一致させる

高額なギフト券になる場合は、例えば10万円であれば1万円を10枚など小分けにして注文する方法も有効となるでしょう。そして別のクレジットカードがあるなら金額を分散して購入する方法も一つの手でしょう。

アカウント情報についてはログインしてアカウントサービスで確認ができますので登録してあるクレジットカードの情報と一致しているか確認するとよいでしょう。

その他、Eメールタイプを購入する必要が無ければ印刷タイプや数日掛かる配送タイプにしてみるとスムーズに購入することができます。

amazonギフト券の買取は詐欺業者が存在する?高換金率に騙されるな