以前は携帯電話のキャリア決済でamazonギフト券の購入のほか、amazonの多くのサービスを利用できましたが、現在は通常の買い物以外はほとんど対応していません。このためamazonギフト券を購入する場合、Eメールタイプはクレジットカードやデビットカードが必須です。チャージタイプはこれらのほかにコンビニ払いや電子マネー決済に対応していますが、アカウントにチャージされ利用開始可能となるまでには時間を必要としますから、コンビニエンスストアでの購入に比べメリットは小さくなってしまいます。

プリペイドカードは携帯決済でamazonギフト券を購入するための代替方法

携帯決済でamazonギフト券を購入するための代替方法としては、プリペイドカードを利用する方法があります。プリペイドカードは、事前にお金を入金しておくことで、残高の範囲内で買い物ができるシステムです。
大手各携帯電話キャリアは、利用者とひも付けされるプリペイドカードを発行しており、

  • ドコモはdカードプリペイド
  • auはau WALLETプリペイド
  • ソフトバンクはソフトバンクカード

が該当します。

dカードプリペイド

ドコモが発行しているdカードプリペイドは、回線契約者のdアカウントとひも付けされますが、ドコモ未契約の人でもdアカウントを登録しカードの発行が可能です。dポイントカードや電子マネーのiDとして機能するほか、マスターカードの決済システムを利用していますから、amazonのアカウントへはマスターカードの番号を登録しクレジットカード払いによる購入となります。
ドコモ契約者は手数料無料でケータイ払いによるチャージができる一方、未契約者はローソンもしくはネットバンクでのチャージとなるほか都度手数料を必要とするため、契約者の方がメリットは大きくなります。

au WALLETプリペイド

au WALLETは2014年に始まったauの新しいポイントシステムで、au WALLETプリペイドは希望する契約者に発行されるカードです。毎月の回線使用料に応じてau WALLETポイントが溜まり、ポイントは端末の購入費や周辺機器の購入に充てられるほか、チャージ手続きによプリペイドカードにチャージして買い物や決済に利用することもできます。
ドコモと同様マスターカードの決済手続きに対応していますから、アカウントにカード番号を登録するとクレジットカード払いによるamazonギフト券の購入が可能となります。チャージはポイント以外にも、ケータイ払いが利用できます。

ソフトバンクはソフトバンクカード

ソフトバンクカードは、ソフトバンクが発行しているプリペイドカードです。チャージはケータイ払いのほか、セブンイレブンやゆうちょ銀行のATMから現金でチャージすることもできます。VISAの決済システムを利用しており、amazonのアカウントへはこのカード番号を登録することで、ギフト券の購入が可能となります。
ソフトバンクカードは、これらのほかにTポイント機能も搭載されていますから、Tポイント加盟店での買い物の際にはTポイントが溜まるというメリットもあります。

プリペイドカードならバンドルカードも便利!

携帯決済でチャージを必要しないプリペイドカードの存在も今大変人気で注目を集めています。

バンドルカードと言うプリペイドカードは銀行振込やコンビニ入金など様々なチャージ方法があります。ですが特徴的な点はお金がなくてもチャージができる点です。

バンドルカードのポチッとチャージはメールアドレスと電話番号があれば2万円まで後払いでチャージすることができます。

以前は携帯決済でドコモとソフトバンクが対応していましたが今は一時中止ということで再開の目処は立っていません。

ですからポチッとチャージに多くの人が流れているのが現状です。

バンドルカードは未成年でも親の同意があれば作れるほか、ポチッとチャージも利用できます。高校生にも人気なプリペイドカードのひとつと言えるでしょう。

携帯決済現金化はプリペイドカードを使えば簡単にできる

携帯決済でamazonギフト券が購入できなくなったしまったので今ではプリペイドカードを利用した現金化が主流となっています。

購入したamazonギフト券は買取サイトを利用すれば即日換金できるほか高価買取をしているので90%前後で換金することができます。

  • 買取セブン
  • 買取本舗
  • ギフトグレース
  • 買取ボブ
  • 買取MAX90
  • アマトク

などは安全に利用できる優良サイトなのではじめての方でも気軽にamazonギフト券を換金することができます。

amazonギフト券買取優良サイトの口コミやサイト情報などを参考に本日の買取率を比べてみて一番条件のいいサイトで換金すると良いでしょう。