急にお金が必要になった時でも、工面できる方法は多くはありません。

一般的には消費者金融銀行のカードローンなどを利用することが多いのですが、審査に時間がかかったり、誰もが通過できるとは限りませんので、みんなに利用しやすい方法とは言えません。

そんな時におすすめしたいのが、スマホだけでピンチをしのげる方法であり、最近ならほとんどの人がスマホを所持していますので気軽に利用することが可能です。

利用するのは携帯のキャリア決済であり、決済で買い物した商品を換金して現金化する方法です。

携帯のキャリア決算でどうやって現金化するの?!

携帯のキャリア決算で現金化

購入するのはitunesカードなのですが、iPhoneやiPadといったスマホやタブレット端末の主力商品になっていて音楽ダウンロード購入・ゲームアプリの課金・アプリの購入などに利用できます。

これらに必要な電子マネーとして広く普及しており、Apple公式サイトでも販売されています。

購入時の決済方法としてはクレジットカード決済振込銀行コンビニ払いとなっていますので携帯決済はできないように思えますが、各キャリアのオンラインストアで販売されているものを利用することで携帯決済での購入が可能です。

各キャリアのサイト内にあるオンラインストアを記載しておくと、ドコモはドコモオンラインショップ・auはauオンラインショップ・ソフトバンクはソフトバンクオンラインショップです。

携帯決済の現金化サイトおよび電子マネー買い取りサイトでiTunesコードを現金化することができますので、すぐに試してみましょう。

今まではamazonギフト券が主流だったが…

itunesカードの利用

携帯決済現金化はこれまでamazonギフト券が主流になっていましたが、それよりも手軽に行える資金調達方法としてitunesカードを活用されることが期待されています。

amazonギフト券自体は携帯決済で購入できなくなっていて、そのamazonギフト券にもっとも近いものがitunesカードだともいえます。換金性の高い電子マネーは他にも楽天ポイントギフトがありますが、携帯決済では購入できずに現金で買うしか方法がありません。

換金率自体はamazonギフト券と比較すると落ちてしまいますので、その点には注意が必要です。

即日で現金化できる方法であり、急いでお金を用意したい時に大変便利です。

例としてauの手続きを確認すると、ブラウザを開いてau itunesカードを検索し、auオンラインショップを開いたらバリアブルカードを選択します。

次に金額を入力して「auIDでログインして購入する」をクリックして、「au IDでログイン」をクリックします。

ログインを済ませたら「承諾する」を選んでメールアドレスを入力し、「ご注文内容の確認画面へすすむ」を選んで内容に間違いがなければそのまま確定して購入完了です。

auかんたん決済では4ケタの暗証番号が必要ですので、忘れている人は確認しておきましょう。

この手続きで発行されたコードをギフト券買い取り業者に販売するだけで現金になります。