ローソンでitunesカードを購入するときに、dポイントを使用したいという人は少なくありません。

特に大量にポイントを余らせている人やお金に余裕がない人は、それができると非常に嬉しいと感じることでしょう。

しかし残念ながら、そのような支払方法はルールによって不可能とされています。

ルールで決まっていると言われるとたいていの人は諦めますが、実はほぼそれと同じ効果が得られる裏技が存在するのです。

この方法は直接dポイントで支払うわけでありません。

itunesカードを購入する裏技とは?

ローソンでitunesカード購入時の裏技

2段階で購入するイメージを持ちましょう。ここでカギになるのは携帯決済で購入することです。

携帯決済というのはクレジットカードを所有していない人でも、携帯電話さえあればキャッシュレスで支払いを行える仕組みのことです。

使用したお金は毎月の携帯料金と合算される形で請求されることになります。

この仕組みがあることで、結果的にdポイントを消費して購入することが可能になるのです。

ここでは、携帯料金の支払いにポイントを使用できるという点が重要になってきます。

つまりitunesカードの金額が含まれている携帯料金の請求に充当できるというわけです。

そうすれば、間接的にdポイントで支払ったことになりいます。

屁理屈のように感じられるかもしれませんが、実質的にはお金を使っていないのと同義です。

1500円分のitunesカードを購入したのであれば、1500円分の携帯料金の支払いにdポイントを充てます。

形のうえでは携帯料金に充当していることになりますが、頭のなかで携帯料金とitunesカードを入れ替えてみてください。

計算のプロセスは違っていても、支払った金額とポイント数は同じ結果になるため、携帯料金でなくitunesカードに充てたと解釈できるでしょう。

つまり、お金を1円も使用せずに入手したと考えられます。

ただし、使用できるポイント数は基本料金の範囲内に限られるため注意しなければなりません。

それを上回る金額のiTunesカードを選んだ場合は、この解釈は成立しません。基本料金までの分しか充てられないため、残りは必然的にお金で引き落とされることになるからです。

たとえば携帯電話の基本料金が1000円である人が、3000円分のitunesカードを携帯決済で購入した場合を考えましょう。

そうすると請求額のうち1000円分しかポイントで支払えません。

つまり、いくら頭のなかで両者を入れ替えたとしても、2000円分は引き落としの形で支払うことになってしまいます。

一部だけでもポイントで支払えれば満足というのであれば特に不都合はありません。

それに対して、完全にポイントで払いきりたいなら、基本料金より安いものを選ぶ必要があるということです。

また、用途や期間が限定されているポイントも使えない可能性が高いので気をつけましょう。

便利な方法ですが、ドコモがこの方法を不正と告知した場合は使用しないように注意しましょう