itunesカードは日本で広く使用されているプリペイドカードの1つです。昨今ではコンビニでも購入できるので利便性が増しています。

しかし、誤って買ってしまったり、金額を間違えたりした経験を持つ方もおられるのではないでしょうか。今回は間違えた場合に換金できるかということを解説していきます。

結論から言うと誤って購入してしてしまった場合であっても、換金を行うことは出来ません。

それはitunesカードのシステムが関係しています。そもそもitunesカードのようなプリペイドカードはレジを通さないと使えない仕組みになっています。

売り場からレジに持って行って通すことにより、使える状態になります。

一度使える状態になったカードは元の状態に戻すことが出来ません。

そのため、換金しようと思っても出来ないということになります。これはセブンイレブンなどのコンビニで購入した場合でも同様です。

コンビニの店員さんであっても元の状態に戻すことが出来ないので換金する術がないということです。

ではitunesカードを間違えて購入してしまったらどうしようもないのかというと実はそうではありません。

買ったお店以外で現金に替えるという方法があります。

現金に変える方法とは?

itunesカードを現金に変える方法

例えば金券ショップが1つの例です。

金券ショップでitunesカードを買取していれば、そこで買い取ってもらうことでいくらか現金を受け取ることが出来ます。

しかし、額面通りではなく何割か減った状態の現金となるので損をすることにはなりません。

出来ればitunesカードとして使用することをおすすめします。

調べてみるとセブンイレブンでitunesカードを換金できた事例もありました。

しかし、この事例は店員さんが何らかのミスをしてしまったという特別なケースでした。

そのため、通常の購入であれば換金や返品をすることはほとんど困難であるといえます。

itunesカードを購入する際には間違えていないかについて注意しておく必要があります。

ポイントサービスに移行できるケースもある?

ポイントサービスに移行できる

他のポイントサービスへと移行できるケースもあるので、何らかのポイントサービスを利用している場合はそちらを確認することをおすすめします。

itunesカードを返品出来ないということは少し厄介なことのように思えます。

しかし、コンビニやスーパーなどで購入したものは不備がない限り返品出来ないというケースが多く、itunesカードも同じと考えればそれほど不思議ではないかもしれません。

コンビニ以外で購入した場合でも返品は出来ない可能性が高いです。

特に高額のitunesカードを購入しようと考えている方は必要かどうかを確認しておくことをおすすめします。

itunesカードはかなり幅広く用途が用意されています。

そのため、今は使わないと思っていても後々使う日が来るかもしれません。

とりあえず持っておいて使う機会が出来たら使うというように考えておくのも良いかもしれません。

もちろん、すぐに現金が必要な場合はこの限りではないと考えられます。