ポイントサイトでは溜まったポイントをitunesカードに交換することができるところが多いです。

また、景品やプレゼントとしてこのタイプのカードを貰う機会も意外と多いですが、使わないという人も多く、そのような場合には宝の持ち腐れとなってしまうものです。

itunesカードの利点は有効期限がないという点です。

そのため、使わないのであれば現金にする方法が一番効率的で手っ取り早いのではないでしょうか。

インターネット上で買い取りを行っている買取サイトが登場し、気軽に売買することができるようになりました。

使わなければ意味がないカードなので、不要であれば手っ取り早く売ってしまって現金に変える方法が一番賢いのではないかと考えています。

では、どのようにitunesカードを売ることができるのか、その方法について紹介しましょう。

itunesカードを売るには?

itunesカードの現金化

このタイプのカードは業者に買取をしてもらうことにより即現金化することができます。

最近ではカード本体を持っていなくても番号さえあれば買い取りをしてくれるところも増えているので、使わないのであればすぐに売ってしまったほうが現金を手に入れることができます。

気になるのが買取価格についてですが、買取サイトでは元値の68%から70%で買い取りが行われています。

金券ショップの店頭で買い取って貰う方法もありますが、その方法ではさらに価格が下がり65%前後になるのでネット上での買い取りが高額買取を狙うことができるようです。

現金化するのであれば1円でも高いほうが良いに決まってます。

買取サイトを使用するメリットとしては、どこからでも現金化することができるという点にあります。

PCやスマートフォンさえあればすぐに買取を申し込むことができます。

実際には、店舗での買い取りを行っているところが少ないため、まずはその店舗を探さなければならないという手間がかかります。

ネットショップでの買い取りならばパソコンやスマートフォンからでも申し込むことができ、短時間で現金を手に入れることができます。

itunesカードがたくさんあって使い切れない、現金化して別のものを購入したいというときにも買取サイトはとても役に立つのです。

こういったネットでの買い取りに便利なのがネットバンキングです。

ネットバンクを持っていることで自分のタイミングに合わせて現金化することができるのでお手軽かつ大変利便性が高いのが魅力です。

買取サイトでは買い取りを行うとすぐにネットバンクへ振り込んでくれるショップも多く、24時間いつでも現金を引き出すことができることからネットバンクを合わせて持っていることで利便性を高めることができるのです。

ネットバンクさえあれば、買取サイトはitunesカードの番号を確認した後に、直ちにお金を振り込んでくれます。

それにかかる時間はたったの5分程度で、新規の方であっても1時間もあれば現金を手にすることができます。