itunesカードをキャリア決済で買って、転売する事で現金化をするという方法は、少し前まで最も人気のある現金化の方法でした。

元々はクレジットカードで行っていた現金化ですが、今となっては少額ならともかくまとまった金額の電子マネーカードを購入するのは問題視されていて、クレジットカードが停止されてしまいます。

そこでそういう事のないキャリア決済が注目されていたのですが、itunesカードを買って転売する現金化も難しくなって来ています。

何故itunesカードの現金化が難しくなってるのか??

itunesカードの現金化が難しい

まずdocomo、au、ソフトバンクなどのキャリア決済の全てでitunesカードの購入が出来なくなっているからです。

Googleplayをキャリア決済で支払う事でamazonギフトが買えなくなったのに続いて、itunesカードも購入できなくなっています。

GooglePlayギフトコード・AppleMusicギフトカード・ニンテンドープリペイド番号・プレイステーションストアチケットも販売が中止されています。

もうキャリア決済では換金性の高い電子マネーやプリペイドカードは購入できないのです。

キャリア決済の枠で現金化をする事は無理なのでしょうか。

まだ方法が残っています。

まだ現金化する方法はある!

itunesカードの現金化方法はある

それはまずキャリアの出しているプリペイドカードにチャージする方法です。

ドコモdカードプリペイド・auauWALLETプリペイドカード・ソフトバンクカードです。

これらのプリペイドカードは今まで同様にチャージが出来るのです。

プリペイドカードは国際ブランドのあるクレジットカードとほぼ同じ様に使えるので、例外もありますが、クレジットカードで購入することが出来る物は買う事が出来るわけです。

このプリペイドカードを使って購入する事で、amazonnギフトやitunesカードも購入できます。

それを転売する方法でなら現金化も可能です。

またプリペイドカードのバンドルカードにチャージする方法でも買い物が出来ましたが、今は停止されているので出来なくなりました。

バンドルカードを使うのなら、ポチっとチャージという後払いの方法が利用できるようになりましたので、その方が良いでしょう。

後払いでチャージできる方法で手数料が必要になりますが、誰でも利用出来るのでとても魅力的なプリペイドカードと言えるでしょう。

この様に自分で出来る方法はどんどん難しくなっていますし、何時出来なくなるかも分からない状態です。

面倒な手続きも多くありますし、簡単ではなくなって来ています。

買取サイトを利用するのが簡単で便利

そこでやはり業者を利用するのが良いでしょう。

ドコモケータイ払い・ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払いに対応している業者は多くあります。

また競争が激しく手数料も今や安くなっていますので、安心して利用できるようになっています。

勿論し込んでから入金されるまでの時間も短く自分で行うよりも簡単に素早く出来るようになっています。

今は実績のある業者しか残っていないので、不安感なく利用出来ます。