itunesカードの買取率は、大手通販サイトのギフトカードと比較すると低いとされてきました。

具体的には大手通販サイトのギフトカードが90%前後であるのに対し、itunesカードは、70%~85%でした。

Android端末で使えるカードよりも低いので、現金化する旨味がありません。

サイトに申し込みをしても利益が少ないので、ギフトカードを使うのが一般的でした。

なぜitunesカードは買取率が低いのか?

itunesカードの換金率が低い理由

他のギフトカードよりも低い理由としては、10%割引で買える手段があるからです。

例えばスマートフォンのキャリア決済を使えば、初回限り額面の10%OFFで購入できます。

額面の10%offで購入できるなら、他のギフトカードより低くても実際にはそれほど変わりません。

Android端末向けのカードと大きな違いはなく、通販サイトのギフトカードよりも実質的にはわずかに低いだけになります。

額面よりも安く買って換金できるのがitunesカードの特徴なので、買取率の低さはそれほど気にする必要はないでしょう。

またキャリア決済を使ってitunesカードを現金化する方法は、クレジットカードとは違い審査がありません。

年齢制限もないので気軽にできる方法なので、素早く現金を手に入れたいときには向いています。

今すぐにお金を手に入れたいときには、有力な手段の一つと言えるでしょう。

itunesカードを現金化するには買取サイトが基本

itunesカード現金化には買取サイト

itunesカードを現金化するためには、ネットの買取サイトを利用するのが基本です。

店頭買取に対応している店舗はないので、ネット上で探すと良いでしょう。

買取サイトを決めるときのポイントとなるのも、買取率です。

買取率が高いとそれだけ現金化したときの利益も増えるので、最も重視したいポイントになります。

一般的な買取率としては70%~85%ですから、その範囲内で納得できるサイトを選ぶのがおすすめです。

しかしサイトを選ぶときには、買取率だけを重視してはいけません。

最も重要なポイントではありますが、その他の部分にも注目して選びましょう。

注目しておきたいポイントとしては、スピードと手数料の有無です。

買取サイトに申し込みをしてitunesカードを現金化できるまでのスピードは、それぞれによって異なります。

24時間瞬時に対応してくれるところもあれば、タイミングによっては翌日以降の振込になるサイトもあります。

急いでいるときに翌日まで振込を待たされてしまうと、お金のピンチに対応できません。

時間的に余裕があるなら重視する必要はありませんが、急いでいるときにはスピードは要注目です。

itunesカードを現金化するときには、振込手数料が発生します。

振込手数料は金額としてはわずかですが、有料だと損をした気分になるものです。

当然ながら利益も減ってしまうので、有料より無料がベストであるのは間違いないでしょう。

買取サイトによっては、振込手数料を無料にしています。

余計な手数料を買取金額から引かれないので、お得に換金したいなら振込手数料が無料であることも重視しましょう。