この頃話題になっているのがitunesカードです。

カードと言ってもクレジット決済ということではなく、必要な分だけをチャージして便利に使うことが出来ます。

実際に親権者の同意が必要なケースがありますが、18歳未満の未成年でも作ることが可能です。

こちらのカードは、無駄にお金を使いすぎてしまうことがないのがメリットです。

たまにコンビニでもitunesカードを限定にする割引やポイントアップを実施していることがあります。

このようにクレジットカードと違い、滞納を気にすることなく利用することが出来るのが魅力です。

itunesカードの種類は?

itunesカードの種類

itunesカードの種類は、音符がマークされたiTunesStoreAをデザイン化するAppStoreがメインとなっており、1,500円・3,000円・5,000円・10,000円のチャージが可能です。

これ以外にもデジタルコードメールでのギフトコードなどがあります。

このようにはじめから使う分のチャージが決まっているのがitunesカードです。

さらに2014年2月から新しくバリアブルiTunesカードというのが追加されました。

こちら上記でご紹介するカードと違い、1,500円から上限50,000円で好きな金額を設定することが出来ます。

実際は1円から10円という単位でもチャージをすることが可能です。

バリアブルiTunesカードを利用する際は、コンビニでチャージをする金額を伝えるだけで簡単に使えます。

より分かりやすく言うと、amazonギフトのような形のカードをレジに持って行くだけでです。

この手順だけで好きな音楽や映画、ゲームやアプリケーションをiTunesStoreへダウンロードをすることが出来ます。

楽天市場からは、itunesのコードを気軽に購入することが出来る認定店を設けており、貯めた楽天ポイントの交換が行えるようになっています。

itunesカード利用者の口コミ

itunesカード利用者の口コミ

そんなiTunesカードを実際に利用してみたユーザーの口コミは、次の通りです。

・クレジットカードを併せて使うことが出来ます。楽天のポイントと交換が行えるうえに還元があるので倍ほどお得です。50,000円以上のチャージがあるとより便利です。

・期間限定のキャンペーンがなくてもポイントが付くので、音楽のダウンロードをするときに利用しています。

プリペイド系のカードで楽天のポイントが付くのは貴重です。

このように良い口コミを参考にしてみると、ポイントと併用することが出来るのが魅力となっています。

楽天市場のAppStore・iTunesStoreギフトカードの認定店からは、1,500円から購入することが出来ます。

実際に利用する際はクレジットカードの会社・番号・有効期限・名義人の入力が必要です。

こちらを活用するとコードをタップしてチャージをするだけで音楽や映画、ゲームやアプリケーション、本を楽しむことが出来ますので、ご興味がある方はご利用ください。