itunesカードはプリペイドカード式のカードで、裏面にあるコードを入力するとAppleIDに購入した金額分がチャージされますので、音楽や動画、ゲームやアプリなどのサービスを購入することが出来ます。

あらかじめお金を前払いしているため、うっかりゲームに夢中になり過ぎて課金しすぎてしまう心配がないため、愛用されている方も多いことでしょう。

カードの額面金額は1500円から1万円までありますので、必要な額を購入することが出来ます。

またバリアブルと呼ばれるカードは、5万円までなら金額指定出来るので使いやすい方を選ばれるとよいです。

itunesカードをクレジットカードで購入する際の注意点

itunesカード購入クレジットカード制限

itunesカードをクレジットカードで買取するには、AppleウェブサイトかAppleストアか家電量販店で買取する方法があります。

コンビニやケータイオンラインショップを介してカードで購入することが出来ませんので注意しましょう。

換金目的でitunesカードをクレジットカードで買取を行った場合、規約違反となりますので換金目的で購入することは基本的には出来ません。

もし換金目的で大量に購入すると高額決済となるため、クレジット会社が決済するのに慎重になっているため、換金目的と判断されてしまうケースもあるため、クレジット取引が出来なくなってしまう場合もあります。

一応金券ですので、大量購入すると現金化目的だとカード会社が判断し、カードの利用停止処分を受けるケースもありますので注意しましょう

itunesカードとクレジット会社の規約に違反するため、クレジット決済をする場合は数量を1にして取引をすれば、問題なく購入することが出来ます。

もし購入できなかった場合はカードが停止してしまったり、解約になってしまうことはありません。

ちなみにAppleウェブサイトで購入した場合は、カードで購入できる金額は50万円と上限がありますが、カード会社から何度も承認が出来ない場合は、itunesカードが購入できないケースもありますので注意が必要です。

カード会社から承認が下りない場合は、購入数量が大量すぎる場合や、住所が不一致の場合、クレジットカードの枠が超えている場合などが考えられます。

Appleオンラインストアで購入する場合は、先にクレジットカードの情報とAppleアカウントの会員情報を入力しておきます。

この時、登録した住所が一致しない場合はクレジットカード会社が不正に利用されないようにするために住所不一致でカード決済を認可しない場合がありますので注意しておきましょう。

もし時間があればクレジットカード会社に登録してある住所を確認しておくと問題なく取引が出来ます。

また利用できるカードの残高枠をあらかじめ調べておきましょう。

店舗型のitunesカードストアと家電量販店で買取をする場合は直接来店して買取を行うことが出来ます。

購入するカードの金額を選んでレジまで持っていき、カード払いで支払いを行います。

購入後は返品返金、取替えを行うことが出来ません。