itunesカードは、前払いのプリペイドカードのことでitunesストアでのアプリ購入や課金などに使うことができ、またAPPストアなどで音楽の購入をすることができます。

itunesカードは家電量販店やコンビニで購入することができ、また購入したカードを誰かに贈るといったことも可能です。

主な利用者層としてはクレジットカードを持っていない人や使いたくない人、また毎月itunesなどで使うお金を制限したい人に向いています。

購入して使用するほか少額から購入可能なので、ギフトやちょっとした報酬としても人気があります。

itunesカードの利用方法

itunesカード利用方法

itunesカードの使い方としては、amazonギフト券と同じくアカウントにチャージすることで使用することができます。

購入しただけでは、利用できずアカウントにチャージしてはじめて決済に利用することができます。

反対に言えばアカウントにチャージしていないものは、誰のアカウントでもチャージすることが可能で、ギフトとしても使うことができる理由です。

しかし、itunesカードを貰っても、アカウントを持っていない、または利用する予定がない人にとっては、使うことのない商品券のようなものになります。

このような時は、itunesカードを買取してくれるお店に売って現金にするのも方法です

itunesカードは、その性質上一般的な金券ショップでは取り扱っていないことも多く、このため専門の買取サイトに依頼する必要があります。

この理由としては持ち込まれたカードやシリアルコードが有効か無効か判別することができないためです。

一般的な商品券であれば、端を切り取った時点で無効となるなど、見た目ですぐに判断することができますが、シリアルコードタイプの金券は実際に登録してみようとしなければ、それが有効なのか判断することができません。

このような背景から一般的な金券ショップではシリアルコードタイプの金券は取り扱われていないわけですが、買取サイトでは取扱を行っています。

買取サイトの選ぶ基準は?!

itunesカード買取サイト選ぶ基準

このような買取店の場合には、高い換金率と当日中に行うといったことをお店の売りとしているのが特長で、選ぶ際の基準になるものです。

換金率に関しては持ち込まれる金額によって異なります。

高いところでは90%以上を謳っているところがありますが、これらは10万円以上といった高額の場合のみです。

実際の換金率は60%~80%が相場となっています。

換金率としてはamazonギフト券の方が流通量が大きいため若干低めですが、その他の商品券と比べると高い換金率であるのがメリットといえます。

買取を行うほとんどのお店は当日買取に対応しており、文字通り最短でその日のうちに換金して銀行に振り込んでくれ、現金化することが可能です。

また時間が掛かっても3日程度で完了してくれます。

買取サイトの場合には対応時間が24時間営業しているようなお店もあり、急いでいる時にすばやく換金することが可能です。